Himawari M&A Go-Net

三和建設株式会社

食品工場、機能倉庫の新築・改修を自社設計・施工で全て解決します。
M&A 資本・業務提携
三和建設株式会社

会社概要

事業内容
メーカー 建設・住宅・インテリア
特徴・強み
三和建設は創業以来、企業の生産・物流施設、マンション、商業施設などの建設工事や官公庁の土木工事などで多数の実績を残し、2021年に創業74周年を迎えた総合建設会社です。
サントリー様、杉村倉庫様、パラマウントベッド様、淀川製鋼所様、ニチレイフーズ様などの大手名門企業との継続した取引実績があります。
近年においては、70年以上の大手食品メーカーとの取引実績で培ったノウハウを強みに、顧客視点による完全オーダーメイドの食品工場に価値を足すトータルソリューション事業「FACTAS®(ファクタス)」を展開しています。

また、集合住宅の設計施工も数多く手掛けていますおり、構造体と内装・設備を分離させることで、建物全体を長持ちさせるための構造を取り入れた「エスアイ®200」は、平成21年に全国で初めて国土交通省による長期優良住宅先導的モデル事業として採択されました。翌22年にも採択され2年連続の認定となりました。

さらに、2017年より完全オーダーメイドで危険物倉庫、冷凍・冷蔵倉庫、自動倉庫など、用途が限定的な専用倉庫の設計施工を請け負う「RiSOKO®(リソウコ)」ブランドを立ち上げ、新たな事業戦略を開始しました。

創業以来、誠実な営業姿勢で顧客の信頼を得てきた三和建設ですが、営業姿勢だけでは顧客から見た差別化要因にはならず、総花的な取り組みでは「つくるひとをつくり続ける」企業として永続することは難しいとの経営判断から、事業領域を絞り込んだブランド戦略を取り入れることによって、他社との違いの鮮明化を図っています。

競合は大手から中堅・中小ゼネコン、ハウスメーカー、エンジニアリング会社、設計事務所など局面によってさまざまですが、食品工場と集合住宅、特殊倉庫の3大強化分野においては大手企業にも負けない競争力を維持・向上せるべく尽力しています。

三和建設は建設会社ですが、単に建物というハードを提供しているわけではありません。私共のお客さまは中堅・中小企業が大半で、建物投資は数十年に一度の社運をかけた一大事業です。
その投資の効果を最大化するためにお客さまが提示される前提条件だけをうのみにせず、お客さまの事業や経営環境、現場の実情をくまなく把握し、お客さまがその建設投資によって真に実現したい価値を理解してその実現に導くのが三和建設の使命です。
まさに社会や顧客の利益に直結する価値ある仕事であり、三和建設でなければ実現できないものです。
売上高
100億円以上
純資産
50億円~100億円
所在地
大阪府

求めるパートナー

業 種
メーカー 建設・住宅・インテリア 商社(総合・専門) 建設・住宅・インテリア サービス・インフラ・広告 不動産 サービス・インフラ・広告 運輸・物流・倉庫 サービス・インフラ・広告 警備・メンテナンス・清掃 サービス・インフラ・広告 電力・ガス・エネルギー サービス・インフラ・広告 地質調査・ボーリング・掘削
譲渡形態
全ての譲渡形態
売上高
------
エリア
関東埼玉県 関東千葉県 関東東京都 関東神奈川県 近畿京都府 近畿大阪府 近畿兵庫県
メッセージ
私たち三和建設では、創業100年に向けて、経営理念である「つくるひとをつくる®」のもと、ひと本位主義の経営を行ってきています。

資本・業務提携においても、その考え方は変わらず、お互いの経営理念や組織風土の融和性、提携後のシナジー効果の発揮等を重視し、提携後のグループ会社としての発展や従業員の働きがいについても十分に考えながら提携を進めてきました。

本業である建設業に関連する企業と提携を進めてきており、小川電設(兵庫県尼崎市、電気設備工事)、コアー建築工房(大阪府堺市、木造戸建注文住宅)、ソークエンジニアリング(東京都千代田区、生産エンジニアリング)、Agec(大阪市、コンストラクションマネジメント)等がグループ会社のメンバーとなり、シナジー効果を発揮しながら業容を拡大してきています。
グループでの新卒採用に取り組み成果を上げているほか、社内大学「SANWAアカデミー」において、グループ会社のトップに講師を務めてもらうなど、様々な分野でグループ一体化を図ってきています。

これまでの豊富なM&A経験をもとに、Win-Winを考え方の基本としてさらなる企業発展を目指している三和建設にお気軽にご相談下さい。